菊練り

0
    轆轤をする時に絶対に必要なのは菊練りです。

    陶芸で重要な土練りの一つです。

    これを習得するのには何年もかかります。

    菊練りとは練っている形が菊の模様のようになる事から、その名が付きました。

    何故こんな練り方をするかというと、土の中に入っている空気を抜く訳です。

    轆轤を挽く時に、空気が入っているといろいろと厄介になります。

    なので菊練りがとても重要になる訳です。


    菊練りをこの猛暑の中でやるのには、非常にヘビーです。

    陶芸教室の生徒さんが、「これは良い運動になるわ〜」というぐらいしんどいです。

    菊練りダイエットという名目で、陶芸ブームが来ないかなぁ〜(^_^)

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:390 最後に更新した日:2019/04/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM